「初恋地獄」の歌詞 奥居香

1998/7/1 リリース
作詞
奥居香
作曲
奥居香
文字サイズ
よみがな
hidden
ギューッとこのむねをしめつけるあまくせつないおも
たぶん二度にどとはあじわえない最初さいしょこいあじ

かよいまくったお弁当べんとうさげてリボンだらけのワンピースで
すっとあこがれてたあいカギでいや場面ばめん

覚悟かくごめて みみをふさいで
かねがあれば 未来みらいなんかなければ
2人ふたりきりでげちゃいたい

いますぐ どんな無理むりしたってんでこう 七色なないろうそバラまいて
べることなんてどうでもいい せればなおいい

のぼせるのもほどほどにとか すぐにめるよってさとされた
むかしあんただってこいしたでしょう もうわすれちゃったの?

あの電話でんわだって 朝帰あさがえりだって
わりたくなくて だまされつづけていた
可愛かわいわたし限界げんかい

たとえグレイトな出会であいがあっても あんなわたしはいないよ

1人ひとりでひたって ビクビクしちゃって
いちいちおこって メチャクチャにがって
おそろしくて素晴すばらしい もどりたいけどもどらない
どこにでもあるおはなし

いまでも ギューッとこのむねをしめつける あまくせつないおも
たぶん二度にどとはあじわえない 最初さいしょこいあじ