「奇跡の時」の歌詞 奥居香

1994/11/21 リリース
作詞
奥居香
作曲
奥居香
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であってこいしてむすばれていま
彼女かのじょつよくてやさしい母親ははおや
いわゆるしあわせはそういうものよね
世間せけんるよりわたしはどうかな?

余裕よゆう安定あんていなんて単語たんごはどこにもあたらない
けばのこしたいのやま いそあしこう

だれよりも素敵すてきこいをして 今誰いまだれよりも立派りっぱ仕事しごとをして
奇跡きせきはじまるそのためわたしことうんとみがかなくちゃね

バッグに文句もんくとくやしさをつめて
やっとかえってた 「ああ今日きょう最低さいてい
ながしたなみだこころあらって
きっとわらってやる とりあえず乾杯かんぱい

たのしいことなんてよくればたくさんあるじゃない
わたし神様かみさま感謝かんしゃしてるこの運命うんめい

だれよりも素敵すてきこいをして 今誰いまだれよりも立派りっぱ仕事しごとをして
奇跡きせきひかりはもうとどころ? 毎晩月まいばんつきはなしかけてるの

だれよりも素敵すてきこいをして 今誰いまだれよりも立派りっぱ仕事しごとをして
奇跡きせきはじまるそのためわたしことうんとみがかなくちゃね

突然宇宙とつぜんうちゅう奇跡きせきこす
そしてだれかがわたしれる