「恋、花火」の歌詞 奥村初音

2008/9/3 リリース
作詞
奥村初音
作曲
奥村初音
文字サイズ
よみがな
hidden
浴衣姿ゆかたすがたをつなぐ
天神てんじんまつり だけどいまは ひとりぼっち

両手りょうてをあげても さわれないそら
かたならべて おなねがいかけた あの

もう二度にどたされぬ約束残やくそくのこして んでしまったの

くらそらりばめられる 無数むすうはなびらは
あたしをひとりにして なみだにじいのち
くらそらりばめたおもい もう一度いちどあなたのとなりで
えそうな ぬくもり あのかおをとじて

今年ことし花火はなび季節きせつがきたね
かびがるのは いつかの となりでわらかお

あげた宇宙うちゅうのように とおはかな季節きせつかんじてた

くらそらりばめられる 無数むすうはなびらは
あたしがなく つみかさねてきた気持きも
だから明日あした来年らいねんもずっと つないだこのおもいだけは…
あなたがいるそらってしまいませんように