1. 冬の光歌詞

「冬の光」の歌詞 奥村愛子

2005/2/23 リリース
作詞
奥村愛子,松井五郎
作曲
奥村愛子
文字サイズ
よみがな
hidden
はるまだとおかぜ坂道さかみち
ふかそらへとつづ
日溜ひだまりにならんだふたつのかげ
しろ吐息といきがつなぐ

どれだけの季節きせつ
あなたといられるのでしょう
しあわかんじたとき
しあわせはもろくなる

あなたがゆきになる
けないゆきになるから
こころはなせない このまま

わりのないふゆ
やさしくひかり いま
ねがいが かなうよう あなたになみだ

たとえば名前なまえなどたなくても
はな綺麗きれいける
むくわれたがるさみしさをひと
あい名付なづけてしまう

かぜはこくも
つめたい指先ゆびさきむす
はかな
あおくまたえるのに

どこまでもながれる
ときゆだねて ただ
ひとつに なれるまで このまま

あなたのかなしみも
すくひかりになろういま
おもいが とどくよう あなたになみだ

もどれない昨日きのう
めぐ明日あしたも もう
ふたりは おそれることはない

あなたがゆきになる
けないゆきになるから
こころはなせない このまま

わりのないふゆ
やさしくひかり いま
ねがいが かなうよう あなたになみだ