「明日からふたりは」の歌詞 奥村愛子

2005/2/23 リリース
作詞
奥村愛子
作曲
奥村愛子,熊谷憲康
文字サイズ
よみがな
hidden
ねえ 三年さんねん月日つきひがすぎて
ふたりはすこしずつ大人おとなになった
いくつもなみだをぬぐいあったあと
見上みあげたくもをわすれない

みとうことが さよならにもなる
あなたと出逢であえて本当ほんとうによかった

明日あすからふたりはひとつずつ
えらんだちがはな そだててくの
最後さいごにおねがい 一度いちどだけ
あのおなじようにきゅっといてよ

「ほんの五分ごふんでいいのよ」

ねえ いつだってあたまをなでて
すあたしのよこてくれた
不安ふあんあせりもけしてくれたのは
あなたのやさしい温度おんどだけだった

ぐにいて はなしてくれたから
あなたの未来みらいあいせるのよ

明日あすからふたりはひとりずつ
おも写真しゃしんむねにしまう
いつかまたちがうそのには
もう一度撮いちどとらせて きっとわらえる

見送みおく背中せなかが ちいさくなっても
すぐそばにこえひびいたまま

明日あすからふたりはひとつずつ
えらんだはな そだててくの
最後さいごじ この日々ひび
きゅっとったならば

明日あすからふたりはひとりずつ
おも写真しゃしんむねにしまう
いつかまたうそのには
もう一度いちどゆるして そっとかせて

「ほんの五分ごふんでいいのよ」