「きみの空」の歌詞 奥華子

2006/3/1 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようます なつ陽炎かげろう
ぼくたちが出会であえた まぼろし

突然とつぜんじゃなく そのはやってきた
いつものように きみねむっているのに
れたつめたかった

きみこえかせてよ ぼく名前なまえんでよ
「さよなら」はえないよ さけかぜんだころ
もう一度いちど 出会であえるから

くやしくて いたくて 言葉ことばなくて
ただ くも狭間はざまていた

あれからちょうど一年いちねんぎた
きみのこしたものあたたかすぎて
いまもまだ あふれている

きみこえかせてよ ぼく名前なまえんでよ
ゆめなかでいいから いにしい
もう一度君いちどきみを このきしめたい

わすれることなんて出来できないけど ぼくぼくなりにきてゆくよ
あのころよりずっとつよくなって "きみ"というそら見守みまもられながら
何度なんどでも 何度なんどでも

まれわったときには もっときみはなしたい
「さよなら」はわないよ さけ風息かざいきんだころ
もう一度いちど 出会であえるから