1. どさん子華子のうた歌詞

「どさん子華子のうた」の歌詞 奥華子

2012/10/17 リリース
作詞
「どさん子華子」リスナー&奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
雪虫ゆきむしころ はじめてきみ出会であったんだ
テレビとうした ギターケースをかかえたきみ
手袋てぶくろもしないちいさなで ホットココアをつつんでいたきみ

なに出来できないぼくきみは「やま親爺おやじうた」をうたってくれたよね
その歌声うたごえは とてもやさしくて しばれたぼくこころなか
そっとイルミネーションをともしたんだ

もるゆき 函館はこだて本線ほんせんって 今日きょうもまたきみいにくよ
どんなふゆあたたかくさせる きみのめんこい笑顔えがおたいから
ラベンダーのかおりのながかみむすとき仕草しぐさたいから

ホームにいたきみは いつものきみとはべつひと
ゆうちゃんのように ハニかむことなくっていた
さむいね」とったきりバスのなか
なにいたそうなきみなにきたくなかったぼく

旭山動物園あさひやまどうぶつえんいたころ そらにはゆきっていた
きみあるきながら「もうわかれよう」ってった
どうしてだろう ぼくはペンギンの散歩さんぽのように あるきたいのに

もるゆき きみなみだがうだでひかって 東京とうきょうことめたとった
きみ言葉ことばに どってんこいたぼく 本当ほんとうきみをぼっかけたかったけれど
ギターケースのなか んだきみゆめ
ぼくきたくにから いつまでもているから
いつかまた ずっと二人ふたり どさん二人ふたりでいられるように…