1. リップクリーム歌詞

「リップクリーム」の歌詞 奥華子

2006/3/1 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
れたそらつけたから 何処どこかにってみようか
そんなふうおもうままに 毎日過まいにちすごしてみたい

らないだれかのいきがかかるような電車でんしゃられて
まゆをひそめながら 携帯片手けいたいかたてひまつぶす日々ひび

ひかりでもやみでもない場所ばしょに ずっとずっといるのがいいね
だけどたまには スパイスのいたものしくなったりして

たされないこころをぶらげてゆくよ
かわいたくちびるにちょっとリップクリームって

もっともっとかなしいくらい きられたら
なにらないとおもえるかな
えない不安ふあんいかけはしつづけたら
この世界せかいもいつか色鮮いろあざやかにえるかな

たりさわりのない会話かいわをして 適当てきとう相槌打あいづちうって
美味おいしいデザートでめくくれば だれもがみんなご機嫌きげん

いつわりでも真実しんじつでもないことばかり
しのこころなかにカサブタもつくれずに

もっともっとくるしいくらい きられたら
なにらないとおもえるかな
夢見ゆめみ明日あしたあふれる欲望よくぼうててしまえ
今日吹きょうふかぜなか ありのままのわたし

もっともっとかなしいくらい きてみたい
なにらないとおもってみたい
せないいたみをかかえてはしつづけたら
この世界せかいもいつか色鮮いろあざやかにえるから