「他人の涙」の歌詞 奥華子

2009/7/15 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもだれかの視線しせんにして いたいことえずにいた
そのくせ他人ひと気持きもちなんて かんえている余裕よゆう

地下鉄階段ちかてつかいだん 人波ひとなみされて 足元あしもとえず ながされてた
らないだれかが うずくまってても ガラスのこなってようとも

自分じぶんはだれなければ いたくもかゆくもないんですと
かばんなかから手鏡てかがみして すこみだれたかみなおした

ねぇ どこまで本気ほんきわたし他人ひといたみをかんじられるだろう
ねぇ どうして本当ほんとこころ他人ひとなみだぬぐえないのだろう

子供こどもころだれからとなく 嘘泣うそなきすることおぼえました
そして大人おとなになったいまでは 嘘笑うそわらいをおぼえました

こころなかの いくつものかべを ずっとだれかにこわされたくて
ひたすら自分じぶんゆびをくわえて ってるばかりのわたしだった

ねぇ どこまで本気ほんきわたし他人ひといたみをかんじられるだろう
ねぇ どうして本当ほんとこころ他人ひとなみだぬぐえないのだろう

他人ひと失敗しっぱい安心あんしんしてる自分じぶんがいた
他人ひとくらべることでしか 自分量じぶんはかれなくて
他人ひとしあわせをって 自分じぶんとなり ながめた
他人ひと成功せいこう拍手はくしゅを だけど……

ねぇ どこまで本気ほんきわたし他人ひといたみをかんじられるだろう
ねぇ どうして本当ほんとこころ他人ひとなみだぬぐえないのだろう

いま わたしかんじるいたみを 本当ほんとこころだれってくれるの?
いま わたしながれるなみだ本当ほんとこころだれぬぐってくれる?