1. 初恋歌詞

「初恋」の歌詞 奥華子

2010/3/17 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのことはなんでもってるとおもってた
不器用ぶきようなことも 猫舌ねこじたなことも 電話でんわ苦手にがてなことも

だけどわたしらないことがひとつだけあったの
あなたがもうわたしのことをきじゃないということ

いつからすれちがってしまったのかな
どうして気付きづけなかったのかな
二人ふたりごしたたくさんのおも
これからもずっと一緒いっしょにいるとおもってた

あなたは友達ともだち 今日きょうから友達ともだち
もう二度にどきなんてわないから
これ以上遠いじょうとおくにかないで もうるだけでもかまわない
名前なまえんだりしないから となあるいたりしないから
用事ようじもないのに電話でんわしたりしないから
だからもうえないなんてわないで おねが

綺麗きれいなものをつけるとあなたにもせたくて
すぐに写真撮しゃしんとくせが まだいまえないまま

あるかたやしゃべりかた真似まねして バスていまであるいたかえみち
ちいさなことですねたりおこったりごめんね
もっと素直すなおになれたらかった

あなたの横顔よこがお あなたの口癖くちぐせ
くやしいほどきなままだから
これ以上遠いじょうとおくにかないで もうるだけでもかまわない
友達ともだちでいいから 特別とくべつじゃなくていいから
あなたのまえではいたりしないから
だからもうえないなんてわないで おねが

あなたは友達ともだち 今日きょうから友達ともだち
そう自分じぶんかせてみるよ
あなたが笑顔えがおになる場所ばしょ
もう二人ふたりではけない場所ばしょ

桜並木さくらなみきあるいて 海辺うみべ花火見上はなびみあげて
枯葉散かれはちときしろゆき
いつもあなたがいてくれた それだけはわすれたくないよ
名前なまえんだりしないから となあるいたりしないから
用事ようじもないのに電話でんわしたりしないから
だからもうサヨナラなんてわないで おねが