「君がくれた夏」の歌詞 映画 あしたになれば。 主題歌 奥華子

2015/3/18 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
わる季節きせついかけていた
サクラいろきみいたい

このまちまれて この場所ばしょそだって
そしてきみ出会であえたから
運命うんめい」って言葉ことば たぶん そう
はじめて ぼくあたまなか かんでるよ

なつ夕暮ゆうぐれに きみ横顔よこがお
まぶしすぎてえなかった
れてしまいそうな 2つのをそっと
ぼく何度なんども しまいこんでいた

放課後ほうかご 自転車じてんしゃきみはしっていた
このみちが どこまでもつづいてくようながした

わすれないよ ここにあった
不器用ぶきようやさしさも きみ笑顔えがお
アリガトウってさけんでいた みんなで
あおはる

なんでもない場所ばしょ特別とくべつになるって
全部ぜんぶそれは きみ仕業しわざだね
ひろいただのグラウンドも 見飽みあきたブドウばたけ
あのから かがやいてるよ

河川敷かせんじき ならんで 見上みあげた花火はなび
ぼくらの明日あしたおしえてくれているがした

わらないよ きみがくれた
こんなにも ひときになれる気持きも
またおうってさけんでいた あのなつ
永遠えいえんなつ

わすれないよ ここにあった
わらごえ くやなみだ きみ姿すがた
アリガトウってさけんでいた なつ 永遠えいえん
わすれないよ きみがくれた
あおそら 8がつあつ太陽たいよう
またえるよ 笑顔えがおでさよなら
あしたになれば