「大切なもの」の歌詞 奥華子

2015/3/18 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
大切たいせつなものは いつもそばにあるよ 自分じぶんしんじることからはじめよう
まえ一人ひとり笑顔えがおにできたなら たくさんのひかりつながってゆける

なりたいもの やりたいこと からずに毎日まいにちぎて
夢中むちゅうになれるものなんてかった あのころ
バイトもこいつづかなくて それをまわりのせいにしたり
よわ自分じぶん必死ひっしまもっていた

まち横切よこぎかぜ季節きせつおしえてくれる
いつまでも いまのままじゃいられないから 一歩踏いっぽふしてみよう

大切たいせつなものは いつもそばにあるよ 自分じぶんしんじることから はじめよう
まえ一人ひとり笑顔えがおにできたなら たくさんのひかりつながってゆける

おもどおりにいかなくても きたいくらいくやしくても
まだ頑張がんばれるようながしていたのは
1人ひとりじゃないとおもえたから しかってくれるひとがいたから
きっと自分じぶんきになりたいから

どんなみちだって 無駄むだじゃないとおもえる
ただ じっとってるだけじゃ われないから
まえすすめないから

大切たいせつなものは いつもそばにあるよ いくつものなみだえてゆける
しあわせの名前なまえめるのは いつでも 自分じぶんこころだとしんじているから

ねぇ こわがらないで たとえば まよくるしいときがきても
そのトンネルをけたこうに
いまより綺麗きれいたこともない景色けしきってるから

ちいさなしあわせに いつも気付きづけたなら 今日きょうよりも明日あしたきになれるね
ほかだれでもない 自分じぶんだけのみちかならずあることをわすれないように

大切たいせつなものは いつもそばにあるよ 自分じぶんしんじることからはじめよう
まえ一人ひとり笑顔えがおにできたなら たくさんのひかりつながってゆける