「年上の彼」の歌詞 奥華子

2012/2/22 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
れたスーツに むずしいしょるい んだかばんかかえて
さけたのかた ぶんふくっている としうえかれ

すこまえあるおおきなあなたのうでに ぶらがるように
びして オシャレして それでもまだとどかない としうえかれ

どんなときれいせいなあなたとは けんもできずに
かんぜんねんしょうしたまま ちはいつもからまわ

やっとあたしも あのころの あなたのとしになりました
いつまでたっても いつけない せなかったの
きっとあのころあたしめられなかったものは
7ななつのとしじゃなくて いたこころなか

たんじょうもまだおぼえてるくらい あなたはあたしにとって
とくべつひといまむかしわらない としうえかれ

ごとつかれも なやみもよわみも あたしせてくれないね
ふてくされている あたしよこわらっていた としうえかれ

もしあなたをかけたら まよわずにこえかけられるかな?
すこしは大人おとなになったと おもってもらえるのかな?

やっとあたしも あのころの あなたのとしになりました
いつまでたっても いつけない せなかったの
絶対ぜったいてきにかなわない おさいしきけいけん
あたしほうおおかったのは きだという

やっとあたしも あのころの あなたのとしになりました
いつまでたっても いつけない せなかったの
きっとあのころあたしめられなかったものは
7ななつのとしじゃなくて いたこころなか
あたしほうおおかったのは きだという