「愛してた」の歌詞 奥華子

2012/2/22 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
あいしてる」って そんなことは ずっといらないとおもっていた
あなたがいま ここにいれば それでいいとおもっていた

はじまりがなければ えいえんわることはないとしんじてた
まどかられてくるあかりだけで あなたがえてるとおもってた

いたくて だけどえなくて あたしはってるばかりのまいにち
どこまでも まれそうないま だれつめてるの?

ときはやければ ちが二人ふたりだったの?

あいしてる」って そんなことは ずっといらないとおもっていた
あなたがいま ここにいれば それでいいとおもっていた
きしめて まだ あなたがおもうほど あたしつよくないんだよ

こいまよったり おぼれたり ぶんうしなうことなんて
バカなことだとおもってた あなたにれた あのしゅんかんまで

いかけて だけどえなくて ほんとうおさんだまま
これじょう きにならないように どうしてもなかった

ときはやくても おな二人ふたりだったの?

明日あしたなんていらないから ぐにあたしだけ
きずついても あなただけは どうしてもまもりたかった

あいしてた」って ってほしいよ さいだけ ままわせて
なみだなんて ずっとまえから れてるとおもってたのに
きしめて いま あなたがおもうより ずっときだったんだよ