「春夏秋冬」の歌詞 奥華子

2010/8/18 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
どこからかこえてくる きみこえ あふれている
今日きょうというむかえたいま おく言葉ことばきしめてる

えないときほどおもってるよ きみ笑顔えがおがただたくて
えないときこそつたえたいよ 大切たいせつ言葉ことば今届いまとどけよう

はるはなのように きみいま まれてきた
夏巡なつめぐそらしたきみこえ かがやいてる

いつかなみだがこぼれるも きっとどこかで見守みまもってる

とおはなれてもそばにいるよ きみ笑顔えがおかんじてるよ
えないときこそつたえたいよ 大切たいせつ言葉ことば今届いまとどけよう

あきはまださみしすぎて きみこえ かすれている
冬空ふゆぞらとりのように きみいま ばたいてく

心寒こころさむくてふるえるゆめやぶれるもあるでしょう

えないときほどおもってるよ きみ笑顔えがおがただたくて
えないときこそつたえたいよ 大切たいせつ言葉ことばいま

たくさんのひとそばにいるよ いつもいつでもどんなとき
きみがこの時代ときまれたこと 大切たいせつ言葉ことば今届いまとどけよう
とどけよう…