「春風」の歌詞 奥華子

2006/3/1 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
春風はるかぜしろ自転車じてんしゃぼくして
空色そらいろのシャツをひるがえはじめてのまちりた

はなばなれになるのはいやだときながら
しがみいてきみうで
ヒ・ラ・リ とさくらる あの二人ふたりって

線路沿せんろぞれている薄紅色うすべにいろ
いた看板かんばんなら商店街しょうてんがい
みきりのこうがわ きみ姿すがたえたようながして
ペダルをむ いるはずもなく かぜとおぎた
光揺ひかりゆれてる あたたかな

しろかべをくりぬいた まどから西日にしびして
ダンボールいっぱいの部屋へやを オレンジいろめてゆく

覚悟かくごとか孤独こどくとかすこしの希望きぼうとか
んだはこにもたれかけ
すずめこえらずに テレビのひかりぼくかげ

見慣みなれないこのみちはしって
自転車じてんしゃ靴紐くつひも街色まちいろになるまで
坂道さかみち途中とちゅう ぼくきみ声聞こえきこえたようながして
いてみる いるはずもなく かぜとおぎた
薄紫うすむらさきかぜとおぎた

すべてのモノはわりゆくモノなんだろう
このまちも このゆめきみがいたとき
かえこと出来できるのは
その場所ばしょとおぎたから あるしているから

うるわしき春風はるかぜまちとおりぬけ
線路沿せんろぞれている葉桜並木はざくらなみき
そしてぼく今日きょうもまたきながら
ながさか途中とちゅうきみおもす なすすべもなく 家路いえじある
夕暮ゆうぐいろかぜとおぎた