1. 曖昧な唇歌詞

「曖昧な唇」の歌詞 奥華子

2014/3/19 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
きという言葉ことばでは 物足ものたりなくて
あいしてるなんて 大袈裟おおげさがしてた
あなたをあらわす ちょうどいい言葉ことば
この部屋へやのどこかに ちているのかな

たされないさびしさを おたがいにって
いま自分じぶん誤魔化ごまかしてるだけだとってても
つよがりなわたしこえ 弱気よわき溜息ためいき
あなたのくちびるふさんでくれた

あいという束縛そくばく自由じゆうという孤独こどくあいだ
二人ふたりには きっと ちょうどいい
なにかないで ただ微笑ほほえんでいて
ドアをければ またわたしわすれるから

こころどころひとつじゃなくていい
自分じぶんをまたあまやかすことにれてゆく
なにたなければ なにくすことはない
得意とくいげにっていた ねえ わたしわらって

あいという束縛そくばく自由じゆうという孤独こどくあいだ
しばらくいさせてほしかった
あなたをあらわす ちょうどいい言葉ことば
やっぱりどこにもつからないまま

きという言葉ことばでは 物足ものたりなくて
あいしてるなんて 大袈裟おおげさだったのに