「最後の恋」の歌詞 奥華子

2009/7/15 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
これが最後さいごこいだと おたがおもってたから
友達ともだちもどろうなんて 冗談じょうだんだとおもってた
あれから もうすぐ1年いちねんだね すこしは大人おとなになったよ
だけどココに出来でき隙間すきまは まだめられないまま

ずっとかんがえてるよ どうしてだろう…

あなたをわすれようとすればするほど ずっと
あなたのすべてを つよおもしてるよ
はじめてつないだ 最後さいごはなした
いたいよ もう一度いちど
あのときわたしに この言葉ことばえたなら いまえられたかな

二人ふたりった写真しゃしんも あなたがくれたTシャツも
たった1年いちねんくらいじゃ 色褪いろあせてくれない
さみしさとえなくて ほかひとりかかっても
あなたじゃないという理由りゆうだけで 余計よけい むなしくなってた

あいじゃなくてもいいよ あなたがいい

あなたをわすれようとすればするほど ずっと
二人ふたりでいたつよおもしてるよ
はじめて名前なまえんだ とおむかしみたいだね
いたいよ さみしいよ
こんなにもつらいなら あなたと出会であったことさえ えてしまえばいいのに…

あなたをわすれようとすればするほど ずっと
あなたのすべてを つよおもしてるよ
はじめてつないだ 最後さいごはなした
もう二度にどえなくても
あなたと出会であえたこと とてもしあわせだったよ それだけはつたえたい