1. 木漏れ日の中で歌詞

「木漏れ日の中で」の歌詞 奥華子

2010/8/18 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
木枯こがらしが街中まちじゅうけるよ つめたいほほつよさえてみる
色付いろづいた黄色きいろのイチョウのかぜなかでそっとれているよ

なんだか心寂こころさみしくなって あなたの言葉ことばをなぞってみたよ
きっとこんなでもあつがりのあなたは 平気へいきかおをして薄着うすぎでいるんだろう

このみちはじめてあなたとあるいたときは まだつなげずに
なく言葉ことばつないで わらっていたね

あなたがあるいて足元あしもとには いつもはなくように
いつまでも れないようにれないように みずをあげつづけるよ

木漏こもつつまれるような そんな場所ばしょであなたと二人ふたりでいたい
寝転ねころがって気付きづくとれている そんなふう毎日過まいにちすごせたなら

くしたくないものさがしてみたら おもった程多ほどおおくはないみたいだ
だからこのままつないで わらっていよう

あなたがあるいて足元あしもとには いつもはなくように
いつまでも れないようにれないように みずをあげつづけるよ

あなたのよろこびをあなたとわらいたい あなたのかなしみをあなたときたい
あなたがえなくてもわたしになって あなたがあるけなくてもわたしあしになって
二人ふたりきたい 二人ふたりきたい

あなたとあるいて足元あしもとには いつもはなくように
いつまでも れないようにれないように みずをあげつづけるよ

木漏こもつつまれるような そんな場所ばしょであなたと二人ふたりでいたい