1. 白い足跡歌詞

「白い足跡」の歌詞 奥華子

2006/1/18 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ出会であったも こんなさむよるだったね
あのからぼくらは きるほどそばにいた
いじけた電話でんわこえ くるまなか うたこえ
きみはいつでもぼくしあわせをくれたのに

ねぇぼくは いつからか あるはやさもわせずに
かじかむきみ背中せなか気付きづけなくなっていた

さよなら きみわらっていた日々ひび まちにはしろゆきもる
つめたくなってくきみ両手りょうてあたためること出来できないなんて

言葉ことばよりはや正直しょうじきすぎるくちびる
我侭わがまま横顔よこがおも すべてがきだった
ねぇきみがいるだけで ぼくぼくでいられたんだ
どんなにつかれていても きみにはいたかった

ふるえるそらきみさがしても なみだおくゆきもる
こごえたゆびえがいた未来みらいきみ姿すがたえなくなる

ゆらゆらと ちてくる ゆきつめるきみ
本当ほんとういますぐに つよきしめたかった

さよなら きみわらっていた日々ひび もうもどれないきみもどらない
ちいさくなってくしろ足跡あしあと きみ姿すがたえなくなる

さよなら きみあるいていた日々ひび なみだおくゆきもる
ちいさくなってくしろ足跡あしあと いかけること出来できないなんて