「素敵な道」の歌詞 奥華子

2011/6/22 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
あたたかいかぜまちいろづいてゆく
なぜかこころやさしくなってゆくよ
そしてまたなつわたしかしてゆく
あつあつつづ

そのうちかぜつめたくなり はなれてゆくよ
なぜかこころさみしくなってゆくよ
そしてまたふゆわたしこおらせてゆく
さむさむつづ

ぐるぐるまわってる 季節きせつもこのこころ
どんなことがあっても かならはるるよ

だれにでもどうしようもないくらい だれかをしんじてみたく
なったよ
わたしいたこころがゆっくりとしてく
ながふゆわり 今動いまうごせるから

どれだけの時間じかんさみしさという言葉ことば
一緒いっしょごしてきたのだろう
ひとしんじることが 自分じぶんしんじることと
気付きづいたこのまで

わたしまえにたくさんのみちがある
コンクリートのみちでも砂利道じゃりみちでも
最後さいごはきっとつながっている

どうしようもないくらい だれにもゆずれないものがしい
わたしがここにいるそのわけをその意味いみさがしてた

ゆっくりでいいから素敵すてきみちさがしてゆきたい
わたしこころがいつかキラキラとかがやけるように
れるそらした今動いまうごせるから
きっとどこかにあるわたし素敵すてきみち