「紫陽花」の歌詞 奥華子

2008/7/23 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
サヨナラをえなかった その言葉ことばかなしすぎて
あのよるあめじゃなかったら わかれをめられなかった

世界中せかいじゅうに2ふたりしかいなければ
もう一度いちどやりなおすことも出来できたかな?

もうすこし もうすこわたし大人おとなだったら
いろんなかたちで あなたをまもれたのに

さびしくないよ あなたがいなくても
つよがる自分じぶんを ギュッときしめて
ねむれぬよるまどたたいてる あめたちこえがざわめく

2ふたりでよくいていた あのきょくくちずさむの
ねがあめまないで だれにもかれぬように

もうすこし もうすこわたし子供こどもだったら
いろんなかたちで あなたをまもれたのに

まどそと しずかにながちる わたしなみだ
2ふたりながめてた あのおな紫陽花あじさいいてる