「花火 -君に恋した夏の日-」の歌詞 奥華子

2009/8/7 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
きみこいした なつ
波音聞なみおときこえるかえみち はじめてキスをしたね
いつも約束やくそくしてたね
真夜中まよなかにそっとして ふたりの星探ほしさがした

すないたあの落書らくが
いまむね中消なかきえなくて

なつ夜空よぞら見上みあげた花火はなび いたいほどむねいた
きみ何度なんど背伸せのびをしながら とどきそうだねとわらったね
きみなみだぼくよわさも おな未来みらいしんじていた
ぼくこぼちそうなおもいを 夜空よぞらかくしてた

もっとやさしくできたら まよわずにいたら
とおくまできみせたのかな

わせ 浴衣姿ゆかたすがたきみ
れくさくてなにえなかった

なつ夜空よぞら見上みあげた花火はなび いたいほどむねいた
ぶつかり人波分ひとなみわけて 二人ふたりだけの場所ばしょさがしたね
とおぎてく かぜこうに こたえがあるとしんじていた
つないだがほどけないように つよにぎめてた

きみきだよ きみきだよ とどかないこえさけんでいた
なつ夜空よぞら見上みあげた花火はなび いたいほどむねいた
とおぎてく かぜこうに こたえがあるとしんじていた
ぼくこぼちそうなおもいを つよめてた

きみがいたなつ