1. 迷路歌詞

「迷路」の歌詞 奥華子

2008/3/5 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしにとっては ただのゴミにしかえない紙切かみきれも
だれかにとっては 大切たいせつなおまもりかもしれない

とがった言葉ことばのナイフで 平気へいきひときずつけて
ぬふりをしている 「友達ともだち」という名前なまえひと

迷路めいろ出口でぐちつけても またそこは迷路めいろ入口いりぐち
自分じぶんだけりにされそうで 暗闇くらやみなかもがいていた

たった一人ひとりでいいから わたし味方みかたしかった
ずっとこころかかえた わたしこえいてしい

色眼鏡いろめがねひと本当ほんとうこと見失みうしなって
それぞれのかなしみなど おなじものでははかれない

単純たんじゅん物語ものがたりのように 上手じょうずきてゆけたなら
だからいま このむねからっぽにして ひとしんじてあいしてみたい

世界中せかいじゅうてきにしても だれわたしらなくても
たった一人ひとりだけでいい わたしきしめてくれたら

僕達ぼくたちおな場所ばしょってるけど 本当ほんとうちが景色けしきてるのかな?
だれにもからない まよいなどえない ゲームの世界せかいではない

たった一人ひとりでいいから わたし味方みかたしかった
ずっとこころかかえた わたしこえいてしい
くしても うそでもいい ずっとだれかをあいせたなら
きしめたこころなか いつかわたしとどくのかな