1. 透明傘歌詞

「透明傘」の歌詞 奥華子

2008/3/5 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
ほしえないよる めたくるまなか あなたはとおくをてる
フロントガラスに したあめらないかおおとてた

いつもこの場所ばしょから いろんな町並まちなみや あなたの姿眺すがたながめてた
最後さいごぐらいは笑顔えがおでいようとってたのに まもれなくて

ずっとあたしは らないあいだ欲張よくばってもとぎてたかな
もうすこしだけ あなたをきでなければ もっと一緒いっしょにいられたかな

もしもあなたのことおもわったら
しあわぎて退屈たいくつぎてつかれたよる
すべおなじくらいに大切たいせつだったこと本当ほんとうきだったこと
あたしはくしてはじめて 気付きづくのでしょう

まばたきするおとこえそうなくらい あなたがちかくにいても
ちぢまることのない 距離きょり出来できこと 本当ほんとうっていたの

出逢であったころきな音楽おんがくきなかおりもちがっていたのに
いつのにか あたしがえらぶものは あなたのきなものになってた

いつもあなたのこえが おまもりみたいだった
不安ふあんときけそうなも すぐとなりにいるがしてたよ
どんなつよあめでも あるけるとおもってた あなたがかたらしながら
かさをさしてくれてたこと 気付きづけずにいた

もしもあなたのことおもわったら
しあわぎて退屈たいくつぎてつかれたよる
すべおなじくらいに大切たいせつだったこと
本当ほんとうきだったことだれよりあいされてたこと
あたしははじめてあなたに 気付きづくのでしょう