「青い部屋」の歌詞 奥華子

2009/7/15 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
すこしだけまどけた部屋へやすみ
あなたと二人ふたり 沈黙ちんもくりかかってた
いつかは こんなるようながして
あなたと出会であったそのから さみしくなった

わたし涙浮なみだうかべたそらながら
タバコのけむりで あなたをかんじていた
れてしまえば キモチおさえきれなくなる もうこれ以上いじょう

こんなにちかくにいてもとどかないよ
あなたはいつも さみしいをしていた

あいしても ただあいしても こころなか えないままで
サヨナラを たたきつけてよ 本当ほんとやさしさ わたしのこしてしい

雨音あまおと沈黙ちんもくやぶった瞬間しゅんかん
あんなにも大切たいせつだった二人ふたり時間とき
なにもなかったことになってしまうのかな ねえ おしえて

ひとつの部屋へやじゃ 窮屈過きゅうくつすぎたのかな
今更いまさら こたさがしてもむなしくて

ばしても つかんでも こころなか とどかないまま
サヨナラを たたきつけてよ 本当ほんとやさしさ 最後さいごのこしてしい

あお部屋へや さみしいいろした 二人ふたりこころそのもの

あいしても ただあいしても あなたはわたしらないまま
サヨナラを たたきつけてよ どうしてあなたは 今頃泣いまごろないているの?