「10年」の歌詞 奥華子

2014/3/19 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
相変あいかわらずだねといながら くだらないはなしわらって
10年振ねんぶりにった友達ともだちも まるで学生がくせいときみたいに

地元じもと就職しゅうしょくしてからずっと 仕事しごとこいいそがしくしてる
結婚けっこんして子供こどもさずかって すっかりママのかおになってる

みんなそれぞれ ちがなやみも しあわせもかかえながらいるんだね
たくさんのことかたらなくても 十分じゅうぶんがした

とおまちらしてても 10ねんがまたぎたとしても
またおうね またえるよね わらないおもわたしささえてくれる

あのころ勝手かってやってたね 羽目はめをはずしたこともあったけれど
いつからきずつくことこわがって なに出来できなくなっていたのだろう

みんなよわいところ さらけして ときには一緒いっしょいていたよね
いまではまもるべきものもえて それぞれ毎日戦まいにちたたかってる

もしもあのとき これをえらんでいなければ なんて後悔こうかいしないで
いま まえにあることすべてが 宝物たからものだから

かえ場所ばしょちがっていても ずっとこえいていなくても
わらっていて 今日きょうもどこかで つながるそらした頑張がんばれるがした

たとえば このさき どうしようもなく つらことがあったとしても
ここにも味方みかたがいるってことわすれないでいてね

とおまちらしてても 10ねんがまたぎたとしても
またおうね またえるよね わらないおもわたしささえてくれる