1. DROP歌詞

「DROP」の歌詞 奥華子

2008/3/5 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
いつからちがってたんだろう 一度いちどゆるえたのに
いとしくて窮屈きゅうくつだった部屋へやきみはもういない

派手はですぎるカーテンも食器棚しょっきだなかった
きみ出会であまえぼくもどっただけ
それなのにこころだけもどせない
どこにとしてきたのだろう

きみがいなくなった部屋へやさがしていた
だれよりもきみこと ってたはずなのに
格好悪かっこうわるいくらいに きみさがしてた
テーブルのこうがわに いつもいたのに

何度なんどかえした日々ひび夕焼ゆうやぐもさそわれて
ちいさなベランダからえる まちさえもかげ

冷蔵庫れいぞうこのこされた 手作てづくりドレッシング
「よくってね」といてあるきみ文字もじ
それをにしたぼくうごけなくなる
あの日々ひび二度にどとかえらない

きみがいなくなった部屋へやさがしていた
憂鬱ゆううつあめさむあさでも
きみといればどんなことも どんなときだって
えてけるんだとおもってたのに

しをけるたび コップをあらうたび
いちいちきみおもしてる
こんなぼくをどこかできみ想像そうぞうしてるかな
それともすべてをわすれるのかな

きみがいなくなった部屋へやさがしていた
きずつけて なみだして った
格好悪かっこうわるいくらいに ぼくさがしてた
テーブルのこうがわきみはもういない
いつもいたのに