1. 売春歌詞

「売春」の歌詞 女王蜂

2015/3/25 リリース
作詞
薔薇園 アヴ
作曲
薔薇園 アヴ
文字サイズ
よみがな
hidden
青春せいしゅんの1ページに ひとつらした汚点おてん
脱色剤撒だっしょくざいまらして あなだらけにした教則本きょうそくぼん
簡単かんたん道理どうりだけで 出来できていたぼく余計よけい
算段さんだんくるいにがついたころ きみがもうぼく部屋へや

永続性保えいぞくせいたもはずがない だれもがさっしてせてゆくよ
大丈夫だいじょうぶ」の言葉ことば宿やどった におほど暴力性ぼうりょくせい
現代文げんだいぶん,とおりにしてもらいたいの どうすればいい?
道徳観叩どうとくかんだたなおされても たしかな意味いみ見出みいだせずに

あたしがはる ぼくうばはる
一枚薄紙いちまいうすがみまくれば湿しめった肌色はだいろきずがつく
あなたが被害者ひがいしゃ きみは支配者しはいしゃ
せめてうしろめたさだけはのこさないでおこう

留守電るすでんのここえ愛着あいちゃくなんておぼえないで
心配性しんぱいしょうなその指輪ゆびわに 傷一きずひとけずかれるから
安心感振あんしんかんふりかざして 受容じゅようだなんてえないこと
きてきたからわかるよ きずまみれ,でもまだけよう

あなたははず きみねがはず
普通ふつうをよしとするこころ制裁せいさいらわせては片付かたづける
だれにもえずに たもれる
せめて傍観者ぼうかんしゃにだけは なりたくない なれないね

一刻いっこくはやくここからそう ちゃんとした二人ふたりつのには
あまりにも時間じかんがないことくらい いやほどわかってるだろう?
ええ重々じゅうじゅう承知しょうちなのよ だけどあなたにあつらえたピンヒールに
あしがとられてもううごけないの いっそってよ

わらえる日々ひび今日きょう最後さいごだと
あたまなかきざけ いつも結末けつまつだらけでいや

むくわれる日々ひびを のぞむなんてあつかましいね
ゆずいと自重繰じちょうぐかえ
すものがない さびしいね

あたしがはる ぼくうばはる
おもなんかにしたりしないで せめて
共犯者きょうはんしゃでいよう

二人ふたりはる