1. 鉄壁歌詞

「鉄壁」の歌詞 女王蜂

2012/5/23 リリース
作詞
薔薇園アヴ様
作曲
薔薇園アヴ様
文字サイズ
よみがな
hidden
不意ふい一人ひとり孤独こどくかんじて
がけうえ花束抱はなたばだいて
爪先立つまさきだってるの
落下らっかしないすべおぼえたのがやっと
容赦ようしゃない名前なまえ足枷あしかせ
ヒールで鍵穴かぎあなをぶちこわ
こえころらすような
出口でぐちいた毎日まいにち
うばわれるのにはつかれたの
あたしがいのることは
これ以上いじょう

あたしがあいしたすべてのものに
どうか不幸ふこうおとずれませんように
ただひたすらいのっているの
たとえばなんてってるあいだ
現実げんじつになるような残酷ざんこく日々ひび
ちいさくつぶやいてみるの
何一なにひとおくすることなどはないと」

喧騒けんそうじってあたしに残忍ざんにん過去かこ
突然飛とつぜんとんでたとしたら
一番正いちばんただしい行動こうどうはどれ?
その膝突ひざつきじゃくるあたしをみとめていいの?
何一なにひとおくすることなどはないと」

だれかの言葉覚ことばおぼえてるの
おまじないのようにちいさないのりのように
らさずにかがみれば一番可愛いちばんかわいひとっている
いつもそうでしょ?
ひどかおじゃない!あなたのせいよ!」
ぶつけるさきにはあたししかいない

あじがするほど
わめいてみたけれど
何一なにひとよみがえったりしないし
わったりはじまったりもしない
ただしさなんていまなんやくにもたない
ゆるしたい
みとめたい
自分じぶんあいしたいけれど

だれもがいつかつちかえるわ
いたものたたえるうつくしい場所ばしょだとくわ
きてゆくこと つことは
なにより素晴すばらしいこと
だれにもうばわせないで

あたしがあいしたすべてのものに
どうか不幸ふこうおとずれませんように
ただひたすらいのっているの