1. Schwarzer Sarg歌詞

「Schwarzer Sarg」の歌詞 妖精帝國

2009/8/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かたみねむにえ少女しょうじょ
深紅しんく漆黒しっこくかみ
つみまとそう手首てくび
んだとげあと

だれもが皆贄みなにえなげ
彼女かのじょいたむけれど
その空虚くうきょひとみおく
少女しょうじょはただていた

あさましく(いたましく)このせいけしもの

なみだあふれるのは
わたしためじゃなくて
こわくておびえてるの
される原初げんしょこえ

何故独なぜひとりで虚無きょむかえ
きざ言葉ことばいまま
まれちたそのがねから
ヒトは終焉おわりをめざして

ホントウニキテイタイノ
ホントウハンデミタイノ
キナガラニをノゾムノ
ニムカッテキルノ

なにのぞなにもと
浅薄せんぱく意味いみ見出みいだして
小賢こざかしいその執着しゅうちゃく
への恐怖きょうふさそ

くるおしく(まわしく)このせいけしモノ

あわれみこそ偽善ぎぜん
綺麗きれいだますけれど
ホントはづいているの
くすぶ原初げんしょやみ

何故なぜそのうつこと
寂滅じゃくめつおそれるのか
きるモノに終焉おわりなんて
きたモノになどいのに

あさましく イエいたましく
くるおしく イエまわしく

からだまして
記憶きおくまして
わたしれてくの
輪廻りんねとき

きてるのかのこりなのか
れさえも意味いみたず
目覚めざさき世界せかい
暗闇くらやみ静寂しじまがあるだけ