「およげ!たいやきくん」の歌詞 子門真人

1975/12/25 リリース
作詞
高田ひろお
作曲
佐瀬寿一
文字サイズ
よみがな
hidden
まいにち まいにち
ぼくらは てっぱんの
うえで やかれて
いやになっちゃうよ
あるあさ ぼくは
みせのおじさんと
けんかして うみに
にげこんだのさ
はじめて およいだ
うみのそこ
とっても きもちが
いいもんだ
おなかの アンコが
おもいけど
うみは ひろいぜ
こころがはずむ
ももいろサンゴが
てをふって
ぼくの およぎを
ながめていたよ

まいにち まいにち
たのしいことばかり
なんぱせんが
ぼくのすみかさ
ときどき サメに
いじめられるけど
そんなときゃ
そうさ にげるのさ
いちにち およげば
ハラペコさ
めだまも クルクル
まわっちゃう
たまには エビでも
くわなけりゃ
しおみず ばかりじゃ
ふやけてしまう
いわばの かげから
くいつけば
それは ちいさな
つりばりだった
どんなに どんなに
もがいても
ハリが のどから
とれないよ
はまべで みしらぬ
おじさんが
ぼくを つりあげ
びっくりしてた
やっぱり ぼくは
タイヤキさ
すこし こげある
タイヤキさ
おじさん つばを
のみこんで
ぼくを うまそに
たべたのさ