「きれいだと言ってくれた」の歌詞 宇徳敬子

1994/10/10 リリース
作詞
川島だりあ
作曲
川島だりあ
文字サイズ
よみがな
hidden
おくものとど
記念日きねんびよる
あなたはかえらない
三日月みかづきすべりだした
まばゆいほどのダイアモンド
くびかざるより
テーブルのこうがわ
あなたがしい
ちいさないのちかかえて
あせばむ素肌すはだ
からめあいながら
わたし中泳なかおよひと
めぐ季節きせつ 記憶きおく辿たどれば
いつもいてばかりいた
せめて今夜こんやは そのなみだ
くちづけでぬぐって
いろとりどりのはな
部屋中へやじゅうおどるよ
居心地いごこちのよくない
ぜいたくにける
あわれなほどにうそ
下手へた恋人こいびと
でもあいがなくなれば
裏切うらぎりもない
ちいさないのちささえに
あせばむ素肌すはだ
からめあいながら
きれいだとってくれた
めぐ季節きせつ 記憶きおく辿たどれば
いつもいてばかりいた
せめて今夜こんやは そのなみだ
くちづけでぬぐって

あせばむ素肌すはだ
からめあいながら
わたし中泳なかおよひと
めぐ季節きせつ 記憶きおく辿たどれば
いつもいてばかりいた
せめて今夜こんやは そのなみだ
くちづけでぬぐって
あせばむ素肌すはだ
からめあいながら
きれいだとってくれた
めぐ季節きせつ 記憶きおく辿たどれば
いつもいてばかりいた
せめて今夜こんやは そのなみだ
くちづけでぬぐって