「二人のために未来のために」の歌詞 宇徳敬子

1998/8/26 リリース
作詞
宇徳敬子
作曲
宇徳敬子
文字サイズ
よみがな
hidden
なつわりをかなしむような
むしおとこえると
きっとおもしてしまうから
道草みちくさしてく

だれにもえないで
ながよるにのまれてく

わすれること えらんだあなたに
もう一度いちどだけ いたいのは
わすれることを ゆるしてあげると
つたえたいだけ
二人ふたり未来みらいのため

かぜはじめたあき
自分じぶんめてしまうの
わかれはいつもかなしいことと
めつけないで

なにかがわれば
いいこともあるでしょう

わすれたいと ねがうだけじゃダメ
二人ふたりひと最後さいごめよう
わすれることで らくになれるのは
あなたじゃなくて わたしほうかもしれない

なみだかくすものじゃなくて
かなしみの象徴あかしでもないから
ぎてくときつめてゆこう
まぶたせずに

わすれること えらんだあなたに
もう一度いちどだけ いたいのは
わすれることを ゆるしてあげると
つたえたいだけ
二人ふたり未来みらいのため