「遥かなる道」の歌詞 宇徳敬子

1998/8/26 リリース
作詞
宇徳敬子
作曲
宇徳敬子
文字サイズ
よみがな
hidden
やわららかいよるつつまれて
あなたにかれてた
かがみのようにうつしてる
たがいをつめて

月日くらしなか二人ふたり成長せいちょうした
だけど自然しぜん意識いしきしたとき
不自然ふしぜんわる

なみだなが人生じんせいかわになる
きずついたいた
あらながしてく

あなたがいるから仕事しごと頑張がんばれる
あいするひとごす時間とき
たされてく
はるかなるみち

朝日あさひびながら
また今日きょうはじまるの
しあわせなはずなのにさびしい
季節きせつかんじて

真昼まひるつきだれにも気付きづかれず
いつもらしていてくれたこと
わすれていたわ

なみだなが人生じんせいかわになる
きずついたいた
あらながしてく

あなたといたから運命追うんめいおいかけた
今日きょうやさしいかぜかれ
ゆっくりある
はるかなるみち