「背中越しの笑顔」の歌詞 宇浦冴香

2007/3/14 リリース
作詞
Saeka Uura
作曲
Makoto Miyoshi
文字サイズ
よみがな
hidden
キレイにれたそらるとこころいた
またつぎあめおもってしまうから
こんなにつらいならば いっそ“ココロ”なんていらないよ
それでも大好だいすきなきみぐな笑顔えがおは きっとわすれられない

ちかいほどうれしかった距離きょり こころはなれたいまではむねける

背中越せなかごしにわらきみのことおも日々慣ひびなれてくむねいたかか
いたくなるよるに いつもあめ
ながれるなみだ そっとつつかくすように…

教室きょうしつなか 窓際まどぎわ特等席とくとうせきでも
きみうしろじゃ おおきな背中見せなかみてられない
あのまえでいつも どんなかおしてわらっているの?
それともあたしがたことない真剣しんけんつめはなしてるのかな…

まど外見そとみあげたそらおよ雲見くもみてもなぜだろう?きみはなれない

すこびたかみさわかえ
うだけで なににつかない
きになるってことが こんなにくるしいと
らずにいた きみ出逢であまえのあたし

背中越せなかごしのきみわらたび
すこれるかたさきにあのがいる
やさしくあめつつんだおも
とどけられるいまなら大好だいすきなきみ