「少年」の歌詞 宇都宮隆

1996/4/22 リリース
作詞
牧穂エミ
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
屈託くったくのないそのひとみ
母性ぼせいをくすぐられて
ついまま
いてしまう女性ヒト
たぶんわたしひとりじゃない
ズルおとこなら
にくみきれたのに
またどこかでゆるしてる
永遠えいえん少年しょうねん
えやしない
でもきっと
あなたはそれでいい
計算高けいさんだかいただの大人おとな
わってしまう
くらいなら

モラルとか強引ごういんさとは
無関係むかんけいえるのに
結局けっきょく主導権しゅどうけんずっと
あなたににぎられている
はな言葉ことば
げつけたいのに
まだなにかを期待きたいしてる
永遠えいえん少年しょうねん
こいよりもずっと
ひろ愛情感あいじょうかんはじめてる
でもあなたは
りまくのをめない
"無邪気むじゃき"という
一番深いちばんふかつみ
(セリフ)
「ねぇ あなたにとって
おんなというのは
なにもとめて」
(セリフ)
なにあたえるものなの
いてみたい
もしも 最悪さいあくこたえが
かえってきたとしてもわたしは」
(セリフ)
「それでも あなたと
はなれたくない
なんか くやしい・・・」
永遠えいえん少年しょうねん
えやしない
でもきっと
あなたはそれでいい
計算高けいさんだかいただの大人おとな
わってしまう
くらいなら
どうしようもなく少年しょうねん
っとけやしない
純粋じゅんすいすぎるそのかた
わらない少年しょうねん
全部愛ぜんぶあいしてる
それが
あなたらしさだから・・・