「月色の光」の歌詞 安倍なつみ

2007/3/14 リリース
作詞
MAKI,すやまちえこ
作曲
安岡洋一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
見上みあげた つきしずくのように
なみだほほを つたいちた あの

言葉ことばえらぶような あなたの そのやさしさ
すべてが いたいくらい わかった

どんなにつよあいされても わるものも あること
それでもまだ あののふたりに 何度なんどもどってゆく いま

夜更よふけに ひとり ますと
あなたが ここに ないことが 実感わか

みじかったかみを あなたは わらったけど
いまでも この前髪まえがみ そのまま

あんなにひとあいせたこと ほこらしくて なみだ
きしめてた おものカケラ 手放てばなしてゆけるよね きっと

れなずむ かど本屋ほんや ふとつけた本手ほんてにする
明日あしただって そんなふうに えらべるがした

どんなにつよあいされても わるものも あること
それでもまだ あののふたりに 何度なんどもどってゆく いま