「きみをつれていく」の歌詞 超星神グランセイザー ED 安倍麻美

2003/10/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
其処そこ辿たどけるのなら
ぼくしろはねがたとえ

しろじゃなくなるほどに よごれても かまいやしない

ゆめかなえるためにする 挫折ざせつ苦労くろうのすべてを
ぼく平気へいきかおをして 「しあわせ」 とぶんだ
きみ笑顔えがおにするため必要ひつよう遠回とおまわりならば
ぼく平気へいきなフリをして 「しあわせ」 とぶんだ
それはつよがりなんだけど どっか本音ほんねじってて
だからつらいハズの日々ひび笑顔えがおがあふれてた
あのころまでは…

ゆめかなえられたには
きみをきっとむかえにく」

そんな もう風化ふうかした 約束やくそくぼくささえる

はだしであるぼくて 「可哀相かわいそうだね」 とみんな
心配しんぱいするよなフリして たとえわらわれても
いまは まだ無駄むだ努力どりょくえるよなそんな努力どりょく
もり はしになるとしんじ…たとえわらわれても
それでもあるいてたけど いつか ふたりのその距離きょり
ゆめちかづく そのたびに すこしづつはなれた…
こころも… ともに

元気げんきですか?

はだしであるぼくて 「可哀相かわいそうだね」 とみんな
心配しんぱいするよなフリして たとえわらわれても
いまは まだ無駄むだ努力どりょくえるよなそんな努力どりょく
もり はしになるとしんじ…たとえわらわれても
それでもあるいてたけど それでもあるいてたけど
いざきみかえっても 約束やくそく場所ばしょには
きみはもう… いない

きみをいつかれてくと ちかあるつづけたのに…