1. きみは眠る歌詞

「きみは眠る」の歌詞 安全地帯

1990/7/25 リリース
作詞
松井五郎
作曲
玉置浩二
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごまでニュースがうそをつく
そとされた電話でんわこごえてる
とぎれないよるこわれたグラスは
さみさをまどわせる

他人たにんでいるのにはちかすぎて
こころゆるすにはとおすぎる
あいるまでに こぼれるなみだ
どこへえるのだろう

ここには もうだれもいない
ここには もうだれもいない
かわいたうでのなか
ねむったきみは 永遠えいえん亡命者ぼうめいしゃ

びついたラジオのふるきょく
をとりながら おどりたい
わすれたいことと おもいだすことの
いたみにづくまえに

これから もうだれでもない
これから もうだれでもない
どこからたのかも
わすれた ぼく永遠えいえん放浪者ほうろうしゃ

ここには もうだれもいない
ここには もうだれもいない
やぶれたゆめばかり
あふれるよるほしえそうにない

これから もうだれでもない
これから もうだれでもない
どこまでくのかも
らずに きみは ねむつづけばいい