「なにもない海へ」の歌詞 安全地帯

2002/8/7 リリース
作詞
松井五郎
作曲
玉置浩二
文字サイズ
よみがな
hidden
よごれたながれに
しずんでゆくふね
ぼくらはてた

たどり岸辺きしべ
らないままれば
彷徨さまようだけだろう

なにもなにもないうみ
夜明よあけをるために
こころめないか

ゆめいだオールで
いまよりもっとこうへ

のあたる場所ばしょ
季節きせつごとはな
らすのもいい

だけどこのむね
すさぶるあのなみおと
せやしないだろう

なにもなにもないうみ
かいかぜのなかも
すすんでみないか

いつもわらぬ自由じゆう
いまよりもっとこうへ

昨日きのうまでの日々ひび
いだいてねむるよりも
きずついてくことだって
しなくちゃならない

れたものだけに
しばられたくない
うまくいかないことだって
げてばかりはいられない

どこへでもける
とりたちのつばさ
あこがれていた

たどり岸辺きしべ
わからないままだけど
ここからこうへ