「朝の陽ざしに君がいて」の歌詞 安全地帯

1991/12/11 リリース
作詞
松井五郎
作曲
玉置浩二
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもひとりで いられない
いま素直すなおに そうえる
そっとやさしく ふれてくる
あいだけを しんじてる

なんとなくぶだけで
いたきみ
ひとみのなかにある
幸福こうふくになる意味いみ
ぼくはいま がついた

あさざしに きみがいて
こころはながある
きっと夢見ゆめみいろをして
さみしさも して

いつもならなにげなく
とおぎる季節きせつ
だけどきみといる時間じかん
きなかおりのまま
微笑ほほえみできざまれた

だれもひとりで いられない
いまほんとに そうえる
そっとやさしく つめあう
あいだけを しんじてる

あさざしに きみがいて
こころはながある
いつかひろげた のひらに
春風はるかぜいてくる