1. 清く 正しく 美しく歌詞

「清く 正しく 美しく」の歌詞 安全地帯

2011/9/14 リリース
作詞
玉置浩二
作曲
玉置浩二
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしいときはそら
だれわるくないとおう
さびしいときうみ
もう自分じぶんめなくていいとおう
うれしいときかぜになり
むぎらしてたたえよう
やさしいときは「あのひと」に
「ゴメンネ」 「ありがとう」とおう

くるしいときやま
もうげたりしないぞとおう
むなしいときはふるさとの
だいちおもけばいい
なにもできなくなってしまったとき
きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
ただきみのにぎりしめていよう

ダイスのまってる
はじめからそれとまってる
ひとつコロがすと1~6まで
わりのないひとりたび
ふたつでコロがせば1はない
6と6で12になって
時計とけいはりが0かさなるように
きみがいてくれるなら

わるいものなんてない わるいものなんてない
このにあるものはいいものばかりにまってる
むねたからかに 希望きぼうひかりたはずだ
あの自分じぶんおもこころやみかえ
だれたすけちゃくれない だれもわかっちゃくれない
自分じぶん自分じぶんでしかない
ひとたちのピンチをすくえるのは
よごれたものたちの最期さいごのチャンスなのだから
あし半歩はんぽまえかならだれかがてるから

もっとわらってわらってもっと
ぼくらのあいきよらかだとわかるように
もっとってってもっと
ぼくらのあいただしいところに
かっていけるように
もっとなみだながしてなみだながしてもっと
まだははのぬくもりたよりに
きじゃくる赤子あかごのように
いつからないどこかのだれかが
なみだをぬぐってくれるくらいに
ぼくらのあいうつくしいとえるように

きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
きみだけの きみだけの きみだけの
あいけとめていよう

きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
きみだけを きみだけを きみだけを
だまってきしめていよう

きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
ぼくらはひとつになれる

きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
きよただしく うつくしく
ぼくらはひとつになれる
いつかひとつになれる