「田園」の歌詞 安全地帯

1996/7/21 リリース
作詞
玉置浩二,須藤晃
作曲
玉置浩二
文字サイズ
よみがな
hidden
いしコロけとばし 夕陽ゆうひいたぼく
夜空よぞら見上みあげて ほしいのってたきみ
アブラにまみれて だまんだあいつ
仕事しごとほっぽらかして ほおづえつくあの

なにもできないで
だれすくえないで
かなしみひとつもいやせないで
カッコつけてないで
やれるもんだけで
毎日まいにち なにかを 頑張がんばっていりゃ

きていくんだ それでいいんだ
ビルにまれ まちにはじかれて
それでも そのはなさないで
ぼくがいるんだ みんないるんだ
あいはここにある きみはどこへもいけない

ひだまりのなか がむしゃらにはしぼく
そろばんはじいて あたまかかえてたきみ
からのミルクビンに タンポポさすあいつ
みちをはずれちゃって とほうにれるあの

なにもうばわないで
だれきずつけないで
しあわせひとつもまもれないで
そんなにいそがないで
そんなにあせらないで
明日あしたなにかを頑張がんばっていりゃ

きていくんだ それでいいんだ
なみまれ かぜにとばされて
それでも そのを つぶらないで
ぼくがいるんだ みんないるんだ
そしてきみがいる ほかなにができる

きていくんだ それでいいんだ
ビルにまれ まちにはじかれて
それでも そのはなさないで
ぼくがいるんだ きみもいるんだ
みんなここにいる あいはどこへもいかない