「風」の歌詞 安全地帯

1984/12/1 リリース
作詞
松井五郎
作曲
玉置浩二
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとみかぜいて 坂道さかみち
ひとりで りてみたいがしてた

愛称なまえべそうな ふるしたくつからは
わすれかけたける

ふりかえると なにもないそらなのに
ぼくだけが むずかしくて
もしもここで きみわないでいたなら
こころまで かわいたろう

なみだをあつめてきたハンカチに
迷路めいろ地図ちずばかりを えがいてきた

それぞれにすごした わずかな物語ものがたりには
なくせない 場面ばめんもみてた

なにもかもが ためいきをつく一瞬とき
やさしさを がしている
あきらめれば かなくてすむだろうけど
微笑ほほえみえるはず

とおくふたり みえないほどはなれて
あのなつまれてきた
きみかみ綺麗きれい秘密ひみつおしえて
しなやかな ささやきで

ひとみかぜいて そのときに
だれにも かなえられるゆめがある