「Flower on the earth」の歌詞 安良城紅

2015/2/1 リリース
作詞
MIKIKO TAGATA
作曲
HIROFUMI ASAMOTO
文字サイズ
よみがな
hidden
めざめたあさのいつものそらが あおひかる ほほえむ
こんな普通ふつうおだやかな日々ひびの いとしさにづいて きっと

おか斜面しゃめん目立めだたないはなでも
あいからまれたいのち
わたしをつつむこえ うつむきそうなよる
何度なんどすくわれてきたの

きのう だれかのなみだかわかしたかぜ
やがて こころあかはなびららして

ななつのうみへだてていても かぜはめぐる 大地だいち
すべてをいて地球ちきゅうはまわるの やさしさにづいて そっと

わかりあえないこと きずつけあったこと
太陽たいようはみんなていた
くことさえでいず ちつくすひとみ
わりにあめるのでしょう

だれひとりであるいてきたわけじゃない
をつないだらわるがする いつか

めざめたあさのいつものそらが あおひかる ほほえむ
こんな普通ふつうおだやかな日々ひびの いとしさにづいて

どんなにとおはなれていても おな時代ときを きてる
あらしのあとにかかるにじつ Flower on the earth ここできながら

たいせつなひと おもえがけば
めざす未来みらいかなしみなどない
言葉ことばえたいのり しんじているの

めざめたあさのいつものそらが あおひかる ほほえむ
こんな普通ふつうおだやかな日々ひびの いとしさにづいて

ななつのうみへだてていても かぜはめぐる 大地だいち
すべてをいて地球ちきゅうはまわるの Flower on the earth ここでいてるの