「君はともだち」の歌詞 安藤秀樹

1990/5/21 リリース
作詞
安藤秀樹
作曲
安藤秀樹
文字サイズ
よみがな
hidden
こわされたままの遊園地ゆうえんち
木枯こがらしく スタジアム
きみのエンジのマフラーには
しろいぬのブローチ

かぜのようにぎてく日々ひびなか
偶然ぐうぜん宿命しゅくめいきみぼくだから

らばったひとなみ
もれる交差点こうさてん
きみ見失みうしないそうな
がとんでゆく

あれから何度なんどもすれちがっては
ながかみってきみむすばれる

きみはともだち いつでもそばにいるよ
きみはともだちだからわすれたりしない

まつげをせたしぐさも
すこ大人おとなびて
最後さいごほそ指先ゆびさき
ぼくくち

かぜのようにぎてもさよならはえない
偶然ぐうぜん宿命しゅくめいきみぼくだから

きみはともだち いつでもそばにいるよ
きみはともだちだからわすれたりしない

あれから何度なんどもすれちがうたび
一瞬いっしゅん永遠えいえんおなじものだから

しずかにてゆくきみくるまって
とおざかるふねげるようなとどかないはなびら

きみはともだち いつでもそばにいるよ
きみはともだちだからわすれたりしない