「あの空へ」の歌詞 室井滋

1998/8/5 リリース
作詞
岩里裕穂
作曲
羽場仁志
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくべない
はねはあるけど
とおむかしはばたくこと
わすれてしまった
ぼくびたい
はねをひろげて
仲間なかまたち
できるわけないよと
わらってる
くさおか
あか夕陽ゆうひをめざして
すこしずつちからためて
かぜこすんだ
ゆめのつばさで
あの大空おおぞらかけぬけたい
きっとべる かなら
むねつよねがえば
できるはずさ
ちいさくても
はねがあるなら
だれかがった
べないとり
あのそらぼうなんて
無謀むぼうなことだと
でもなんのために
はねがあるのかな?
ぼくはしりつづけた
土埃つちぼこりをあげながら
きずつきそれでも
あきらめない姿見すがたみ
友達ともだちおかあつまり
はねをひろげはじめた
ゆめのつばさで
あの大空おおぞらかけぬけたい
きっとべる かなら
むねつよねがえば
できるはずさ
ちいさくても
はねがあるなら
あるつばさを
ひろげた瞬間とき
がった
かぜがきて ぼくんだ
大空おおぞらへと
くも太陽たいようつれて
かけめぐる ぼくとりだよ