1. 風よ歌詞

「風よ」の歌詞 室井滋

1997/11/27 リリース
作詞
秋元康
作曲
石塚浩之
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜはどこへと
くのだろう
くもだれかにいた
今日きょう
わすれられる場所ばしょまで
かなしみをはこ

まえ青空あおぞら
両腕りょううでひろげている
太陽たいようつめられて
うそがつけなくなる
きて途中とちゅうには
まる
みずたまりもある
できるなら
えたいけど
だれもみな 勇気ゆうきける
きみはそんなによわくはない
きっとあるいてける
どんなつらいことも
いつかは
おもにできる
かぜはどこへと
くのだろう
くもだれかにいた
今日きょう
わすれられる場所ばしょまで
かなしみをはこ

えらそうなことなんて
とおすぎる地平線ちへいせん
そのあしってみなきゃ
みちつからない
太陽たいようがあるかぎ
大地だいちにはかげができるよね
微笑ほほえんで
ごすもあれば
んで なみだちる
きみのすぐそばに
いてあげる
ぼく味方みかたになろう
どんなとおまわりも
いつかは
さきえる
ひとだれでもむねなか
かぜいてるものさ
そこにしゃがみ
んでいないで
かぜけようよ
かぜけようよ
かぜけようよ