「七色」の歌詞 宮田和弥

2010/9/1 リリース
作詞
Yoshiyasu Ichikawa
作曲
Kazuya Miyata
文字サイズ
よみがな
hidden
れたシューズの靴紐くつひもみたいに
やわらかなチカラで むすばれた奇蹟きせき

うつくしいコトバなどらないから
未来みらいかざるには 無骨ぶこつだけど…

とどけよう ありのまま あいのうたを
っすぐで いつわりなき このおもいを
はなつのさ りそうなほしそら
明日あした七色なないろのヒカリのなか

きしめうように ほどけない靴紐くつひも
ゆるのぼざかを どこまでけるだろう

つよがりな笑顔えがおなどいらないから
きずせて そのいたおう

こえるよ みわたる 自由じゆうのうたが
不器用ぶきようで キレイにはえがけないけど
はなつのさ まれくるつぎそら
明日あした七色なないろのヒカリのなか

てなくつづたび 春夏秋はるなつあきえて
こおりついた大地だいち芽生めばえる
ちいさなこのしあわせの、はるかなる可能性かのうせい
いまぼくしんじている

とどけよう ありのまま あいのうたを
っすぐで いつわりなき このおもいを
はなつのさ りそうなほしそら
明日あした七色なないろのヒカリのなか